Menu

包茎を抱える男性は世界中で多いとされていますが、日本人男性の場合軽症のタイプも含めると、7割以上は包茎と推測されています。包茎を抱えていると色々なリスクが高くなるので、治療で改善することが必要ですが、性器に関連する悩みなのでとかく放置されがちです。治療は症状やペニスの形状などにより異なりますが、効果の永続性や確実性を踏まえると包茎手術が一般的です。包茎手術には包皮を切除する方法から、医療用の糸で固定する方法までありますが、包茎手術への苦手意識が強いのは確かと言えます。しかしそのまま放置しても、合併症をはじめとしたリスクに遭遇することになるのです。

包茎には大別して三種類ある

正常に発育したペニスは先端部分が勃起していないときでも露出しています。しかるに包皮が長かすぎたり、包皮口が小さすぎると亀頭が隠れた状態になります。これがいわゆる包茎の状態というもの。ただし包茎といってもすべてが同じ病態をしているわけではなく、大きく分けると三種類があり深刻度は異なります。一番症例が多いのは仮性包茎です。日本人男性の患者の8割程度を占めると見られており、通常時には亀頭に皮がかぶっています。勃起したときには亀頭が露出するので比較的軽度と見られています。
これに対して深刻で包茎手術の必要性が高いのは、真性包茎とカントンのタイプです。真性の場合、通常時はもちろん勃起したときでも、先端が覆われているので亀頭を露出することが出来ません。常に皮に覆われているので、成長が阻害される結果、ペニス全体のサイズが小さく短くなっていることもよくあります。
もっとも深刻なカントン包茎では、包皮口が狭いので勃起すると亀頭の周りが強く圧迫されてしまいうっ血や晴れを引き起こします。カントンとは平常あるべき場所から逸脱している状態を意味する医学用語ですが、放置すると壊死するリスクもでてきます。

包茎を放置することによる衛生上のリスク

包茎を放置するのはリスクがあることは比較的よく知られていますが、包茎手術に踏み切る方が少ないのは具体的にイメージされていない部分が大きいからです。まず放置できないのがカントン包茎です。血流不足でむくんでしまうと、ペニスにぶよぶよした部分を形成してしまい、元の状態に回復できないため包茎手術で治療するほかありません。最悪の場合ペニスの組織が壊死する可能性もある危険な事態です。
仮に軽度の仮性包茎でも、常に包皮に覆われているので、意識的に入浴時に洗わない限り、亀頭やカリ首に汚れが蓄積しやすくなります。汚れを栄養素み雑菌が増殖するので、強いにおいが発生することになります。臭いだけですめばまだしも、亀頭包皮炎を発症することも懸念されるところです。亀頭包皮炎とは、亀頭や包皮に細菌が入り込んでかゆみや晴れをひきおこすというものです。亀頭包皮炎は性行為で亀頭がきずついたり、ボディソープのつかいすぎなども原因になりますが、包茎の場合は離間するリスクが高くなるわけです。
また亀頭に皮がかぶっているので、性行為の際に射精の邪魔になることも。ばあいによっては男性型不妊症の原因になっていることもあります。

包茎による性行為や性機能への悪影響のリスク

包茎を放置するリスクは、細菌感染や炎症などに留まるものではありません。ペニスの成長や性行為など、思春期以降の生活の質を左右する側面もあります。いくつか愚弟的事例を取り上げてみると、まずペニスの第二時成長期への支障があります。ペニスのサイズが成長するには、思春期以降の男性ホルモンの分泌増加が必要なのは確かですが、ペニスが成長しやすいコンディションであることも重要です。包茎の場合、包皮で亀頭が覆われていることで、常に圧迫を受けた状態になっています。その結果物理的に成長が妨げられることにより、亀頭が十分に成長することが困難です。そのため程度の差はあれ、包茎患者の方では亀頭が小さく短小になることが珍しくありません。
そして亀頭はペニスの見た目や機能面での影響も無視できないものがあります。仮性包茎でも勃起状態以外の常時は亀頭が包皮に覆われているので、刺激に敏感になっています。そのため性行為を行ったときに僅かの刺激で射精する早漏になる傾向がつよくなります。
包茎自体がコンプレックスになり、女性に積極的にアプローチできないなどの弊害もでてきます。包茎手術でペニスの状況を根本的に改善する必要があるのです。

まとめ

包茎には症状の程度により、仮性包茎をはじめ3種類に分かれます。最悪の場合ペニスの組織が壊死するなどのリスクがありますが、それ以外にも色々なリスクを抱えています。包茎を放置することでの影響では、汚れがたまりやすいことによる悪臭や亀頭包皮炎などの可能性が高くなることがあります。また機能面でも、包皮で成長が妨げられているのでペニスが十分に成長できなくなり、刺激に敏感なことによる早漏なども指摘できます。包茎自体を解消しない限りこれらのリスク要因を排除することは困難です。永続的に包茎を解消するには、状態に応じた包茎手術は必須といえます。