Menu

包茎手術と同時に治療可能!フォアダイス状態の症状とは 2020年2月17日

フォアダイス状態の症状はどのようなものか

陰茎にブツブツがあるばあいは性病と間違えてしまう人もいるのですが、これはフォアダイスと呼ばれるものである可能性が高いです。ペニスにできるブツブツは主に性病の尖圭コンジローマによるものと性病と関係のないフォアダイスに分けることができますが、フォアダイス状態の症状だとしても見た目が悪いなども問題があります。パートナーにオーラルセックスをしてもらうときに性病を疑われてしまうなどの問題が起こることもあるので、フォアダイス状態を解決したいと考える男性は少なくありません。
フォアダイス状態が何故起こるのかと言うと、毛根がない独立して皮膚の下にあらわれた脂腺が目立っているからだと言えます。健康上には全く問題がないものなのですが、脂腺なので皮脂を分泌するため、特有の臭いを発生させることも少なくないです。亀頭周辺にほぼ一直線にできることがほとんどなので、この場所に症状がある場合はフォアダイス状態の可能性が高いと言えます。

フォアダイス状態は包茎手術と一緒に治すことができる

フォアダイス状態は包茎手術と一緒に治すことができます。電気メスやレーザー照射によって除去するのですが、不衛生な状態にしていると再びできてしまうことがあるので注意が必要です。包茎を治療するとペニスが清潔に保ちやすくなるので、包茎手術を行うときに同時に治療することが推奨されています。
包茎手術を受けるときのオプションでフォアダイスの除去を追加するかどうか聞かれることもあるほどで、同時に治療する人はかなり多いです。もしも、手術によって包茎を治したいと考えているのであれば、フォアダイスがないかどうか確認し、フォアダイス状態の症状が見られる場合は一緒に除去してもらうことがおすすめだと言えます。包茎手術とフォアダイスの除去を別々に行ってしまうと、それぞれの術後に安静にしておかなければならない期間などがあるので、どちらの問題も抱えている場合はまとめて解決することを検討してみると良いでしょう。

まとめ

フォアダイスはペニスにできるブツブツのことをあらわしており、これは見た目が悪くなったり悪臭を放つ原因となったりします。包茎手術と同時に除去することを推奨している病院が多いので、包茎手術をするのであれば同時に治すことを検討してみると良いです。自分ではそれほど問題だと感じられないかもしれませんが、オーラルセックスの際に性病を疑われたり臭いがキツイと思われたりする原因になるので、包茎手術を行うのであればフォアダイスも治療することがおすすめだと言えます。

カテゴリー: 注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です