Menu

嵌頓包茎が今すぐ包茎手術すべき理由 2020年2月17日

嵌頓包茎とはどのような症状?

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、男性器の亀頭が露出した状態から戻らなくなり、「包皮輪(ほうひりん)」という包皮の一部が陰茎の亀頭部分を締め付けた状態になっている症状のことです。
なお、出生時の男児のほとんどは亀頭が皮ですっぽり覆われた状態で生まれますが、思春期には包茎が解消するのが一般的です。つまり、本来は自然に後退し剥き出しになるはずなのに、無理に剥こうとしたり変な力が加わった結果として剥けるはずの皮が引っかかって戻らなくなってしまう、いわゆる飛び出したものが「嵌(はま)って戻らない」嵌頓状態に陥った際にこの症状が生じます。
そんな嵌頓包茎の具体的な治療の第一段階としては、医師の手により直接包皮をもとに戻す手的整復法を行うのが一般的です。しかしデリケートな部分の問題ゆえに、診察時にはある程度症状が進行している状態がほとんどです。そのような手的整復法での治療が難しいと判断した場合は、包茎手術による治療を行います。

嵌頓包茎は早期の包茎手術で治療しましょう。

一方で、実際に嵌頓包茎の症状に悩まされている人の中には、生命の維持に直接かかわる問題でもないため、包茎手術をわざわざ受けてまで治療することに抵抗を感じている人が多いかもしれません。しかし、その症状が確認されたらできるだけ早めに包茎手術を受けるのがおすすめです。これは、症状が出始めの状態で包茎手術を受けた方が治療が素早く完了するためです。また、その症状が発生しているにも関わらず放置して治療の開始が遅れてしまうと、細胞の壊死が進行し最終的にその状態が治ったとしても生殖機能を失うリスクまである点には注意しましょう。
なお、デリケートな部分の問題ゆえ全国的なデータはありませんが、嵌頓包茎の症状は低年齢の男子程発症リスクが高いと言えます。ただし、包茎のまま成長した大人がその状態を放置した結果として嵌頓包茎になったり、膀胱鏡や尿道カテーテルを使用した医療行為が原因で発症することもあります。気づいたら、早めに包茎手術で治療を行うのがおすすめです。

まとめ

このように嵌頓包茎の症状は、早めに医師による手的整復法や包茎手術を受けることで完全に治すことができます。一方で、デリケートな部分の問題ゆえに診察の一歩を踏み出しかね続けていると、生殖機能の喪失を引き起こしてしまうこともある点には注意が必要です。また、その症状は子供が中心なため、親が気づいたらしかるべき対応を早期に取ることも重要です。少しでも違和感を覚えたら、専門家である医師に早めに相談し早期にその悩みを解決することをおすすめします。

カテゴリー: 注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です