ホワイトボードにレッドブル・エアレースを描いた

勝負というのは時の運かもしれません。
レッドブル・エアレースでも、万人が勝利を信じて疑わなかった
室屋義秀選手が、無念にも敗退の憂き目をみることが
過去にあったのです。
敗因を語る彼の口調は非常に重いものがありました。
それは当然でしょう。
自分の不本意な結果を再度思い出す営みなんて、
誰にとっても心地良いものではありません。
室屋選手の表情にも、どことなく硬さが感じられました。
ただ、今後の勝利を確信している彼の目つきは、
非常に鋭いものがあります。
そんな室谷選手の栄光を信じている人は、
自分の部屋のホワイトボード
レッドブル・エアレースの日程をしっかりと書いています。
それは彼の活躍を信じ、頂上を極めることを心から祈ってのことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です