Menu

屈曲ペニスは包茎手術で治せる!放置するリスクとは 2020年2月17日

屈曲ペニスは包茎手術と同時に治療可能

屈曲ペニスは湾曲ペニスとも呼ばれる症状で、勃起時にペニスが根元や途中から曲がってしまう症状を指しており、包茎手術と一緒に治療することができます。人によって曲がる方向は上下であったり左右であったり違うのですが、最も多いケースは陰茎の真ん中あたりから下に向かって折れ曲がるという症状です。
ペニスの屈曲を解決したいと考えたことがある人もいるかもしれませんが、病院によっては性行為を行えるのであれば問題ないと治療を行ってもらうことができないケースもあります。けれども、包茎手術を行っている病院では一緒に治療をしてくれることが多く、勃起しても折れ曲がらないように施術してもらうことが可能です。包茎手術を行う際には陰茎に関する様々な治療を同時に行うことができますが、屈曲ペニスも同時に治療してもらえると知っておくと良いでしょう。勃起したときに曲がってしまうのは屈曲ペニスであることがほとんどなので、包茎手術と一緒に治すことを検討することがおすすめです。

屈曲ペニスを放置することのリスク

勃起時にペニスが曲がってしまうことにはいくつかのリスクがあるので、できれば治療しておくことがおすすめだと言えます。屈曲ペニスでも困らないと考える人もいるかもしれませんが、性行為時に支障が出る可能性が少なくありません。挿入することができるから問題ないと思っているかもしれないのですが、女性が性行為で痛みを感じる原因にもなるので人によっては屈曲ペニスによってかなり痛い思いをしているかもしれないです。
パートナーが性行為で感じてくれない、痛がって嫌がるという場合は屈曲ペニスが原因であるかもしれないので、心当たりがある場合は治療するべきだと言えます。屈曲ペニスのせいで自分自身の健康が損なわれてしまうようなことはないのですが、セックスを行うときに相手の女性が痛い思いをしたり、セックスが嫌いになる原因になりかねないことを知っておきましょう。あまりに痛みが強ければ女性の防衛本能が働き、性交渉の際に感じることが難しくなる不感症になる可能性もあるので包茎手術と同時に治療することが推奨されています。

まとめ

屈曲ペニスになってしまうと、自分自身にはそれほど影響がないかもしれませんが、性行為の際にパートナーに悪い影響を与えてしまう可能性があります。問題ないと思っていても、実はパートナーがセックスを嫌がる原因になっていることもあるので、屈曲ペニスの場合はなるべく早く治療しておくことがおすすめです。なかには勃起時にペニスが曲がっていても挿入ができるのであれば治療をしないという病院もあるのですが、包茎手術を行っている病院であれば同時に治療してくれることが多いので相談してみると良いでしょう。

屈曲ペニスは包茎手術で治せる!放置するリスクとは へのコメントはまだありません
カテゴリー: 注意点

包皮と亀頭が癒着すると病気リスク増?包茎手術のススメ

癒着によって引き起こされる病気とは

包皮が亀頭と癒着してしまっている場合、剥いて内部の垢を取り除くことができません。衛生的な状態を保つことが難しくなってしまうため、亀頭包皮炎になるリスクが高まります。亀頭包皮炎は、癒着した包皮の内側で炎症が起きてしまう病気です。亀頭部分に赤みが生じたり、かゆみや痛みを伴うこともあります。症状が重度になってしまった場合、患部が化膿して別の病気を呼び寄せてしまうリスクもあるでしょう。
亀頭包皮炎の原因は、主に細菌やカビにあるといいます。予防するためには包皮の内側を清潔に保つことが重要ですが、癒着しているとしっかり洗うことができません。抗炎症剤やステロイドなどで炎症を抑えることは可能ですが、包皮と亀頭の癒着自体を解消しないかぎり、根本的に改善することは難しいといえるでしょう。
包茎手術によって癒着した包皮を取り除き、亀頭が露出している状態にすれば、亀頭包皮炎になるリスクを下げられます。

自分自身で無理に剥くと危険な場合も

癒着した包皮を無理に引き剥がそうとすると、出血や激しい痛みを引き起こす場合があるため、注意が必要です。亀頭包皮炎を起こしている場合、炎症を悪化させてしまう恐れもあるでしょう。トラブルを悪化させないためには、無理をせず包茎手術を受けるのが良いといえます。
包茎手術では包皮口を広げたり、包皮そのものを切除して亀頭を露出させる、といったことが行われます。包茎手術にかかる時間は通常30分から1時間程度であり、多くの場合入院は必要ありません。手術によって包皮の癒着を解消すれば、炎症等のトラブルを予防しやすくなり、排尿障害も改善できます。
包茎手術を受けることに抵抗があるという場合、つい自分自身で対策したくなるものです。しかし力尽くで剥くことには、様々なリスクが伴います。非常にデリケートな部位ですので、無理な対策をせず包茎手術を行っている専門的なクリニックで相談をした方が安心でしょう。

まとめ

亀頭と包皮がくっついていると清潔さを保ちにくいため、亀頭包皮炎などの問題が起きやすくなります。自然に露出できないといった場合には、むりやり剥がそうとせずクリニックに相談をするのが一番でしょう。包茎手術を行う専門クリニックでは、年齢や症状に合わせた治療が提供されています。機能や見た目など、様々な点に考慮した手術を受けることが可能です。包茎手術を受けるなら信頼できるクリニックに相談をして、悩みを解消しましょう。

包皮と亀頭が癒着すると病気リスク増?包茎手術のススメ へのコメントはまだありません
カテゴリー: 注意点

嵌頓包茎が今すぐ包茎手術すべき理由

嵌頓包茎とはどのような症状?

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、男性器の亀頭が露出した状態から戻らなくなり、「包皮輪(ほうひりん)」という包皮の一部が陰茎の亀頭部分を締め付けた状態になっている症状のことです。
なお、出生時の男児のほとんどは亀頭が皮ですっぽり覆われた状態で生まれますが、思春期には包茎が解消するのが一般的です。つまり、本来は自然に後退し剥き出しになるはずなのに、無理に剥こうとしたり変な力が加わった結果として剥けるはずの皮が引っかかって戻らなくなってしまう、いわゆる飛び出したものが「嵌(はま)って戻らない」嵌頓状態に陥った際にこの症状が生じます。
そんな嵌頓包茎の具体的な治療の第一段階としては、医師の手により直接包皮をもとに戻す手的整復法を行うのが一般的です。しかしデリケートな部分の問題ゆえに、診察時にはある程度症状が進行している状態がほとんどです。そのような手的整復法での治療が難しいと判断した場合は、包茎手術による治療を行います。

嵌頓包茎は早期の包茎手術で治療しましょう。

一方で、実際に嵌頓包茎の症状に悩まされている人の中には、生命の維持に直接かかわる問題でもないため、包茎手術をわざわざ受けてまで治療することに抵抗を感じている人が多いかもしれません。しかし、その症状が確認されたらできるだけ早めに包茎手術を受けるのがおすすめです。これは、症状が出始めの状態で包茎手術を受けた方が治療が素早く完了するためです。また、その症状が発生しているにも関わらず放置して治療の開始が遅れてしまうと、細胞の壊死が進行し最終的にその状態が治ったとしても生殖機能を失うリスクまである点には注意しましょう。
なお、デリケートな部分の問題ゆえ全国的なデータはありませんが、嵌頓包茎の症状は低年齢の男子程発症リスクが高いと言えます。ただし、包茎のまま成長した大人がその状態を放置した結果として嵌頓包茎になったり、膀胱鏡や尿道カテーテルを使用した医療行為が原因で発症することもあります。気づいたら、早めに包茎手術で治療を行うのがおすすめです。

まとめ

このように嵌頓包茎の症状は、早めに医師による手的整復法や包茎手術を受けることで完全に治すことができます。一方で、デリケートな部分の問題ゆえに診察の一歩を踏み出しかね続けていると、生殖機能の喪失を引き起こしてしまうこともある点には注意が必要です。また、その症状は子供が中心なため、親が気づいたらしかるべき対応を早期に取ることも重要です。少しでも違和感を覚えたら、専門家である医師に早めに相談し早期にその悩みを解決することをおすすめします。

嵌頓包茎が今すぐ包茎手術すべき理由 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 注意点

包茎手術と同時に治療可能!フォアダイス状態の症状とは

フォアダイス状態の症状はどのようなものか

陰茎にブツブツがあるばあいは性病と間違えてしまう人もいるのですが、これはフォアダイスと呼ばれるものである可能性が高いです。ペニスにできるブツブツは主に性病の尖圭コンジローマによるものと性病と関係のないフォアダイスに分けることができますが、フォアダイス状態の症状だとしても見た目が悪いなども問題があります。パートナーにオーラルセックスをしてもらうときに性病を疑われてしまうなどの問題が起こることもあるので、フォアダイス状態を解決したいと考える男性は少なくありません。
フォアダイス状態が何故起こるのかと言うと、毛根がない独立して皮膚の下にあらわれた脂腺が目立っているからだと言えます。健康上には全く問題がないものなのですが、脂腺なので皮脂を分泌するため、特有の臭いを発生させることも少なくないです。亀頭周辺にほぼ一直線にできることがほとんどなので、この場所に症状がある場合はフォアダイス状態の可能性が高いと言えます。

フォアダイス状態は包茎手術と一緒に治すことができる

フォアダイス状態は包茎手術と一緒に治すことができます。電気メスやレーザー照射によって除去するのですが、不衛生な状態にしていると再びできてしまうことがあるので注意が必要です。包茎を治療するとペニスが清潔に保ちやすくなるので、包茎手術を行うときに同時に治療することが推奨されています。
包茎手術を受けるときのオプションでフォアダイスの除去を追加するかどうか聞かれることもあるほどで、同時に治療する人はかなり多いです。もしも、手術によって包茎を治したいと考えているのであれば、フォアダイスがないかどうか確認し、フォアダイス状態の症状が見られる場合は一緒に除去してもらうことがおすすめだと言えます。包茎手術とフォアダイスの除去を別々に行ってしまうと、それぞれの術後に安静にしておかなければならない期間などがあるので、どちらの問題も抱えている場合はまとめて解決することを検討してみると良いでしょう。

まとめ

フォアダイスはペニスにできるブツブツのことをあらわしており、これは見た目が悪くなったり悪臭を放つ原因となったりします。包茎手術と同時に除去することを推奨している病院が多いので、包茎手術をするのであれば同時に治すことを検討してみると良いです。自分ではそれほど問題だと感じられないかもしれませんが、オーラルセックスの際に性病を疑われたり臭いがキツイと思われたりする原因になるので、包茎手術を行うのであればフォアダイスも治療することがおすすめだと言えます。

包茎手術と同時に治療可能!フォアダイス状態の症状とは へのコメントはまだありません
カテゴリー: 注意点